アニメ「クズの本懐」の登場人物を詳細にまとめました。

今回は絵鳩早苗についてです。

絵鳩早苗の登場は、アニメ第2話からです。

絵鳩早苗役の声優さんは戸松遥さんです。

⇒アニメ「クズの本懐」絵鳩早苗役の戸松遥さんってどんな人?

一部原作コミックからのネタバレもありますので、ご注意ください!

「クズの本懐」絵鳩早苗の秘密

絵鳩早苗は百合属性!アニメ「クズの本懐」登場人物の絵鳩早苗考察, クズの本懐アニメまとめ
引用:TVアニメ「クズの本懐」オフィシャルサイト

絵鳩早苗(えばと さなえ)は、数少ない花火の友人です。

花火とは高校受験のときからの知り合いです。

花火からは「えっちゃん」と呼ばれています。

公式サイトでの絵鳩早苗のキャラクター紹介はこちら。

花火の友人。1年生の時は花火とはクラスメイトだった。
2年生になり花火とはクラスが別々になるが
今も一緒にお昼を食べるなど仲が良い。

絵鳩早苗はアニメ「クズの本懐」の第2話で初登場します。

背が高くてスタイルも良いのですが、生粋の百合属性

安楽岡花火のことが好きです。

しかし本人以外、そのことには気付いていません。

花火と一緒に下校する時も、普通の友達のように振舞っているので、気付かれません。

女子同士だからといって、あからさまにベタベタするようなことはしないのです。

ゆっくり落ち着いて、好きな人のことを思い出せるので、早苗は、通学中などの一人の時間が好きです。

早苗は自分の趣向を冷静に受け止めているので、花火と特別な関係になることを半ば諦めています。

あれこれと考えることの多い早苗ですが、時に大胆な行動に出ることも。

絵鳩早苗が自分の百合属性に気付いたきっかけは?

そんなえっちゃんこと絵鳩早苗ですが、もともと自分が「女性が好き」な百合属性であることは、自分でも知りませんでした。

絵鳩早苗が自分の百合属性に気付いたのは、初恋の時。

そして初恋は、高校の受験会場に向かう電車の中ではじまりました。

受験会場に向かうため、電車に乗っていた早苗。

車内は満員で、早苗の後ろに立っている男がなにやら不穏な動きをして、気持ちの悪い息遣いをしています。

男嫌いの早苗にとって、これはまさに悪夢。

そんな早苗のピンチを救ったのが、同じ受験会場に向かう途中の安楽岡花火でした。

内心怯える早苗の手を引いて、受験会場まで一緒に行ってくれた花火。

これが早苗の初恋であり、自分の百合属性に気付いた瞬間でした。

絵鳩早苗と鴎端のり子(モカ)の関係

もともと早苗とモカは知り合いではありませんでした。

ところが、あるきっかけで2人は知り合うことになります。

「安楽岡花火と粟屋麦の関係」

2人の間には、共通の関心事があったのです。

早苗は、花火と麦の関係を知っています。

しかし、なにか不自然なところを感じていました。

でもその正体はわからず、イマイチ核心に迫れていません。

そこに、鴎端のり子(モカ)が話しかけてきます。

モカ「あなた、あいつの何?」

早苗「あいつ?」

モカ「安楽岡花火の」

共通の関心事に、話が膨らみます。

モカと話している中で、モカの放った言葉の1つが、早苗の胸につかえます。

「利用」

これが2人の知り合うきっかけでした。

早苗と花火の関係に注目!

表向きは友人として続く早苗と花火の関係。

早苗は内心でイロイロなことを考えていますが、普段は普通の友人関係で、平和です。

ただ、先ほども触れましたが、早苗は時に大胆な行動に出てしまうことがあります。

冷静に振舞っていたとしても、人間、時としてなにか吹っ切れてしまうことってありますよね。

早苗のことを、花火は友人として大好きに思っています。

そして、言葉にしてしまうこともあります。

早苗はその言葉に喜び、でも表に出さないようにしています。

想いをいつまでも隠し通すのは、本当に困難なことです。

早苗の花火に対する想いがあふれてしまった時、花火はどう受け止めるのでしょうか?

また、早苗と花火はもとの友人関係に戻れるのでしょうか?

アニメ第2話以降始まる、早苗と花火の関係に注目です!

安楽岡花火についての人物考察はこちらにまとめましたので、ご参照ください。

⇒安楽岡花火がかわいい!アニメ「クズの本懐」登場人物の安楽岡花火考察