スポンサーリンク

2017年1月12日、いよいよアニメ「クズの本懐」が放送開始になります。

私は原作も読んでみたのですが、1巻から結構強烈で、

「原作者の横槍メンゴさんってどんな人だろう?」

と、気になったので調べてみました。

 

横槍メンゴさんって何歳?出身地や性別は?

横槍メンゴさんは、1988年2月27日生まれです。

ということは、2017年1月現在、28歳ですね。

 

出身地は三重県。レスリングの吉田沙保里選手や、歌手の平井堅さんと同じですね。

三重県といえば、松尾芭蕉や江戸川乱歩の出身地としても有名です。

 

「横槍メンゴ」というペンネームからは性別が想像しづらいですが、女性です。

引用:TVアニメ「クズの本懐」オフィシャルサイト

繊細な絵でありながら生々しい「エロさ」もあり、そこが斬新です。

 

横槍メンゴさんの代表作は?今までの作品は?

横槍メンゴさんの代表作は、やはり「クズの本懐」でしょう。

 

横槍メンゴさんの今までの作品を振り返ってみると、まずデビュー作の成人向け漫画「真剣☆Hゼミ!」が挙げられます。

その他、連載デビュー作の「はるわか」や、人気作品「君は淫らな僕の女王」、「レトルトパウチ!」などもあります。

テレビアニメ化は、「クズの本懐」が初めてです。

 

また、ニコニコ動画のボーかロイド楽曲の絵師としても活躍しており、「いーあるふぁんくらぶ」をはじめとして、多くの楽曲に携わっています。

ボーカロイド絵師を含む、ネット上での活動では「ヨリ」というハンドルネームで活躍しています。

いーあるふぁんくらぶ↓↓↓

 

横槍メンゴさんのマンガの特徴って?

スポンサーリンク

横槍メンゴさんのマンガの特徴は、ご本人曰く「思春期向け」あるいは「思春期を引きずっている人向け」だそうです。

ただ、30代や40代でも、若かりしアノ頃を思い出すことができるような作品になっています。

また、「儚げなかわいい少女の絵+エロ」という組み合わせが背徳感を生み、ありそうで無かったジャンルを創出しました。

 

クズの本懐も、まさにそんな感じがしますね。

「クズ」とはいえど、思春期に誰もが一度は思った(妄想した)ことがありそうな内容です。

皆さんも

出来るのであれば「麦」のように、色んな女性と都合のいい関係を持ちたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

「花火」のように性別問わず憧れられて、一途に好きな人を求めたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

 

思い出すと変な気持ちになりますが、私自身にも思い当たるフシが無いわけではないので、引き込まれてしまいましたw

 

横槍メンゴさんの画像とマル秘情報

横槍メンゴさんの画像がこちら↓↓↓

引用:ナタリーコミック

 

twitterで知っている方もいるかもしれませんが、横槍メンゴさんは喫煙者です。

 

本人曰く

余計なものをスッと消してくれるというか。考えがクリーンになる

そうです。

 

私自身も喫煙歴があるのでわかりますが、確かに考えがまとまったりする感じはわかります。

体がすっごく重くなりますがw

 

また、以前はコミティアというオリジナル作品の即売会に出品していたこともあり、そのときはエロ路線ではありませんでした。

 

エロデビューのきっかけ

小学生の頃からコミケやまんだらけなどで同人誌を読んでいたため、いわゆる「大人向け」のマンガは好きだったそうです。

そして、東方の同人誌を描く中で、エロを描いてみたところ、オファーが来て描いて、オファーが来て描いて・・・という流れがデビューのきっかけだとか。

 

また、

エロマンガのアングラ感を無くしていきたい

とも語っており、アメリカの成人向けマンガと比較して

歌舞伎や浮世絵並みに誇ってもいい日本の文化

とも思っているようです。

 

確かにアメリカのマンガって、胸が浮き輪みたいにデカくて顔が信じられないくらいブッサいですもんねw

 

 

横槍メンゴさんはBL大好きな腐女子!?

もともと横槍メンゴさんはBL同人を描いていた時期もあるほどの腐女子。

でもマンガで男性を描くのが嫌いで、BLマンガなのに女の子を描くことに力を入れてたりもしたそうです。

クズの本懐でも、「麦」が一番描きにくいと語っています(コミックス2巻より)。

 

横槍メンゴさんまとめ

・性別は女性

・1988年2月27日生まれの28歳

・三重県出身

・マンガでは横槍メンゴ、ネットではヨリとして活動

・描くジャンルは青年~成人向け

・喫煙者

・BL大好き腐女子

 

2017年は「クズの本懐」がアニメ・実写で同時放送されるので、横槍メンゴさんの名前はより広く知れ渡ることとなりそうです。

エロマンガのアングラ感が減り、日本の文化として認識されるよう、ぜひ頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク