引用:ノイタミナクズの本懐ニュース

 

アニメ「クズの本懐」第10話では、ラスボス的な存在の茜先生に、ほころびが見え始めました。

麦も鳴海も、茜の本性を知っても変わらずに好きなまま。

当の茜も、その時の雰囲気に弱く、相手からの提案で、麦とも鳴海ともデートをするという状態になっています。

 

第10話のおさらいはこちらから。

第10話アニメ「クズの本懐」あらすじと感想「カラノワレモノ」の評価

 

今回も、アニメ「クズの本懐」第11話のあらすじと感想・評価を書いていきたいと思います。

 

アニメ「クズの本懐」第11話「やさしいかみさま」のあらすじ

スポンサーリンク

 

まずはアニメ「クズの本懐」公式のあらすじを見てみましょう。

家庭教師時代からの教え子である麦。
花火の恋心を知って興味をもった同僚の鳴海。
ふたりの”好意”を手に入れてもなお満たされない茜が気づいた
本当の自分の気持ちとは……。

 

鳴海と茜、熱海旅行の車中で

引用:ノイタミナクズの本懐ニュース

 

鳴海と茜は、熱海へ一泊旅行です。

道中の電車で、茜は寝てしまっています。

茜の脳裏に、夢のように過去の事が思い出されます。

 

他のオトコと寝て、今のオトコが怒る、泣く。

こういう状況を繰り返してきた茜ですが、なぜこのような振る舞いをするのか、理解できませんでした。

 

そこから茜は、自分について

「一線を越えることに向いていない」

ということに気付きました。

 

茜「特別なラインを超える高揚も、自分のラインを侵食される快感も、喜びも、怒りも、悲しみすらも、私にはきっと縁が無い」

茜「だって、当事者意識が薄いんだもの」

 

そんな茜の意識に、鳴海が登場してこう問いかけました。

鳴海「向いてないのに、なぜ続けるのですか?」

そして茜は、目を覚ますのでした。

 

クラスメートから崇められる花火

一方その頃、花火はというと、以前恋愛相談を持ちかけられたクラスメートから、また恋愛相談を受けることに。

・・・のはずだったのですが、話のテーマは、花火と麦の関係についてです。

 

クラスメートは、学校でも有名な美男美女のカップルが今どうなっているのか、気になるようです。

花火「夏休みから会ってないかな、今は会わないほうが良いかなって・・・」

これにクラスメートは感心します。

 

「さすが安楽岡さん、大人だね~」

クラスメートは、花火をまるで恋愛の達人かのように、崇めています。

 

鳴海と茜の熱海デートがスタート

引用:ノイタミナクズの本懐ニュース

 

熱海に着いた鳴海と茜。

 

 

第10話で全てをぶっちゃけたので、ぶりっこしない茜に、鳴海が

鳴海「皆川先生って、意外と親しみやすいですよねー」

と言います。

最初は緊張しまくりだった鳴海ですが、茜の”素”に、親しみやすさを感じるようになっています。

 

夕方、旅館にチェックインして、部屋からの景色を絶賛する鳴海。

しかし茜にとってはそんなことどうでも良く、この関係が何なのか?をハッキリさせたがります。

 

布団に横になり、

茜「あー、疲れちゃったなー」

と、鳴海を誘います。

 

しかし鳴海は、

鳴海「大丈夫ですか?今、お水とか・・・」

相変わらず手を出して来ない鳴海の袖を引っ張り、布団に倒れこみます。

 

それでも鳴海は

鳴海「みみ・・・水を汲んできます!」

と、布団から去ってしまいました。

 

鳴海の母に対する想い

引用:ノイタミナクズの本懐ニュース

 

時間は過ぎ、夜。

露天風呂につかる鳴海。

お母さんと一度来た温泉を、懐かしく思い出しています。

そして、茜と温泉旅行に来られたことを、嬉しく思っています。

 

空には満天の星・・・なのですが、鳴海は裸眼だとほとんど見えません。

そこで、

鳴海「よし、部屋で一緒に星を見よう!」

と意気揚々で風呂から上がります。

ところが、あろうことか脱衣所でメガネを破壊してしまいます。

 

ほとんど見えていない状態で、やっと部屋に戻ると、茜は先に戻っていました。

電気をつけず、月の明かりだけで夕食を頂く2人。

良い雰囲気です。

 

引用:ノイタミナクズの本懐ニュース

 

茜は、男好きなのを辞めなくて良いってどういうことなのか?と鳴海に問います。

鳴海は「好きでやってるんでしょ?辞めなくていいですよ。」

こう返す鳴海に、鳴海の気持ち的にはどうなのか?と問い返す茜。

 

答えを待つ間、茜は自分の異変に気付きます。

ドキドキしているのです。

 

たまらず

茜「私は嫌です、嫌がってくれなきゃ」と言いますが、

鳴海「でも僕は、好きなままです。」と返ってくる始末。

 

頑なに好きだと言って来る鳴海に

茜「どうしてそんなに私なんかのこと・・・好きなの?」

と訊ねる茜。

 

すると鳴海は、茜の前髪を上げ

鳴海「好きな理由を説明するのは難しいけど、俺は好きな人にはただ、元気に生きていて欲しいんです。」

 

鳴海は大好きなお母さんを、早くに亡くしています。

「好きな人にはただ、元気に生きていて欲しい」

大好きな人を早くに亡くした鳴海だからこそ、言える言葉です。

 

この言葉が、今までの凍てついた茜の心を溶かしました。

そしてキスを交わす2人。

茜は初めて、キスに「気持ちよさ」を感じ、自分の当事者意識に気付くことができたのです。

 

鳴海のプロポーズ

スポンサーリンク

 

翌朝、鳴海は茜のことを「皆川先生」ではなく「茜さん」と呼びます。

そして、茜にプロポーズします。

 

鳴海のプロポーズを受け、茜は、今鳴海に感じている感情も幻かもしれないと思います。

でも、今は、その感情が本当に幻かどうか、確かめたいのです。

茜「いい・・・ですけど。」

茜は、次への1歩を踏み出す答えを出しました。

 

麦と茜の、最初で最後のデート

引用:ノイタミナクズの本懐ニュース

 

前回、流されるままに麦とのデートを承諾した茜。

ですが既に、茜は鳴海と婚約しています。

 

麦自身も、初デートが最後のデートになると予感しています。

タワーの展望台に行き、昔の人はこんなこと出来なかったよねーという茜。

 

カフェで休憩しながら、麦は自分も同じ理由で高いところが好きだといいます。

できることがあるなら、できる自由を選択したい。

だから麦は、出来るなら自分が茜を変えたいと願っていました。

 

そのことを茜に打ち明けようとした時、

引用:ノイタミナクズの本懐ニュース

茜「私ね、結婚するの。新しいこと、出来なかったこと、試してみようと思うの。」

 

これを聞いた麦は、茜の変化に気付きます。

今の茜は、先生でもビッチな女でもなく、1人の皆川茜という人間になっていたことに。

その姿を見て、麦は一言

麦「おめでとうございます。」

 

雨が降る中、帰り道。

歩道橋で、お別れです。

今までのことを咎めないという麦に、茜は「優しいのね」と言います。

 

しかし麦は、そんなに優しくないと自答します。

なぜなら、弱くてズルくて女でなきゃいられなかった頃の茜が好きだったからです。

 

歩き去る茜に向けて、大声で叫びます。

麦「変わってしまう前のアナタが、俺は好きだったから!だから、だから・・・俺は、忘れません!」

茜「ありがとう。」

 

降りしきる雨の中、泣いて崩れ落ちる麦。

長かった麦の恋は、こうして幕を閉じたのでした。

 

アニメ「クズの本懐」第11話「やさしいかみさま」の感想と評価

いやいや第11話はホントもう、なんていったら良いのかというくらい、素晴らしい回でしたね!

私自身も最初は茜さんを「サイコパス」なんじゃないかと感じていましたが、そうではありませんでした。

 

人の気持ちを弄んだりした茜ですが、茜自身も空っぽの自分に苦しんでいたんじゃないかなと思うと、なんだか嫌いになれないですねー。

 

花火には申し訳ないけど、鳴海のまっすぐな想いが伝わって良かったなと思います。

鳴海は頼りなくて男らしくもないけれど、とても優しい心を持っていましたね。

今は男らしさとか女らしさとかよりも、その人らしさが大切な時代だと思います。

 

 

 

対して麦はホント、報われませんでしたね。

まぁ先生と生徒というのは、関係上良くないというのもありますが、やはり麦には「欲」と言いますか、茜そのものを好きなわけではなかったので、鳴海に軍配が上がるのも仕方ないなとは思います。

 

でも、麦もよく頑張りました。

茜の結婚の報告を受けて「おめでとうございます。」と言えたのは、素晴らしいです。

最後に本心も言えて、いい終わり方だったと思います。

 

11話は、鳴海の優しさと茜の心が溶けていく様、麦の引き際の良さに感動した回でした。

物語もいよいよ大詰めで、今までを思い出すと泣けてきます。

 

次回はいよいよ最終回ですね。

最初はドロドロさがスゴくて、見てるのがしんどかったりしましたけど、今となっては終わってしまうのが寂しいです。

ブルーレイとDVDが3月29日に発売されるので、これで何とか寂しさを紛らわせます。ううう・・・

アニメ「クズの本懐」Blue-ray&DVD発売決定!発売日・価格・購入特典を公開!

 

次回、アニメ「クズの本懐」最終回の放送は3月30日(木)深夜です。

最終回も、絶対に見逃せません!

 

※放送日、時間には地域により差があります。詳しくはこちら↓↓↓

アニメ「クズの本懐」の放送局はどこ?全国の放送局まとめ

 

スポンサーリンク