スポンサーリンク

アニメ「クズの本懐」の登場人物を詳細にまとめました。

 

今回は主人公安楽岡花火についてです。

 

 

黒髪で、ショートカットで、とてもかわいいので男子生徒からも大人気!

 

花火が男子生徒の方を見てるだけで、

「安楽岡花火さんがこっち見てる!?俺のことかな!?」

と喜ぶほどです。

 

そんな安楽岡花火役の声優さんは、安済知佳さんです。

アニメ「クズの本懐」安楽岡花火役の安済知佳さんってどんな人?

 

一部原作コミックからのネタバレもありますので、ご注意ください!

 

「クズの本懐」安楽岡花火がかわいい!

引用:TVアニメ「クズの本懐」オフィシャルサイト

安楽岡花火(やすらおか はなび)は、幼い頃から「お兄ちゃん」と呼んで親しんできた、国語教師であり担任の「鐘井鳴海」を想う高校2年生

成績は優秀で、容姿も非常にかわいいので、男子生徒のみならず、(鳴海以外の)狙った男は軽く落とせてしまいます。

公式サイトでの安楽岡花火のキャラクター紹介はこちら。

17歳。高校2年生。
特進クラスに通う成績優秀な優等生。
自分で料理をするなど家庭的な一面もある。一途で素直な性格。

 

花火のかわいさは言葉だけでは伝わらないと思いますので、花火のかわいいポイントと共に、画像を貼っていきます。

 

花火のかわいいポイント1.子供の頃からかわいい

この画像は、花火が小学校の運動会を回想しているシーンです。

はい、かわいいですね、天使です。

花火ちゃん、子供の頃からかわいいです。

 

花火のかわいいポイント2.男慣れしていない

ここで少し言葉も入れていきます。

が、まずは画像から。

これは初めて麦にキスされたシーンです。

これだけかわいい花火ですが、どこか人を寄せ付けないオーラもあって、実はキスなどの経験がありません

つまり、男慣れしていません!

 

おでこへのキスですが、目を閉じて、頬を赤らめています。

 

いよいよ初めてキスするという瞬間。

かわいさもありますが、ここまでくるともうキレイでもありますね。

 

花火のかわいいポイント3.お母さんもかわいい

こちらの画像の中心に居るのが、花火のお母さんです。

やはり遺伝の力は強いですね。

花火のお母さんもかわいいです!

 

かわいい安楽岡花火、歪んだ美少女の本当の姿

スポンサーリンク

成績優秀で、容姿抜群、おまけに運動もできてしまう、超ヒロインな安楽岡花火。

ですがその美少女の本当の姿は、そんな華やかなイメージとは似ても似つきません。

 

その理由は、家庭環境が原因。

安楽岡花火の家庭は、母子家庭です。

 

花火のお父さんは、花火が生まれたことがきっかけで、他の家庭を築いてしまいました。

花火がその事実に気付いたのは、親戚の人たちが言っているのを聞いてしまったから。

そのせいで、花火には「優しさ」が足りません。

 

ネタバレ注意ですが、あるとき花火は気付いてしまいます。

意図せず、自分が嫌悪感を抱く人間と、ほとんど同じ立場の人間になっていたことを。

 

安楽岡花火は処女!?

麦とイロイロな行為に及ぶ花火ですが、実は処女です。

そして、大多数の人はそうだと思いますが、花火も痛いことが嫌いです。

 

ネタバレ注意ですが、麦と実際に「してしまう」状況になったときも、痛くて無理でした。

その後もイロイロとありますが、実際に「最後までした」という描写はありません。

 

安楽岡花火とえっちゃんの関係は?

アニメ第2話で初登場の「えっちゃん」こと絵鳩早苗とは、親友の仲です。

花火はどことなく人を寄せ付けないオーラがあるため、友達と呼べる人がほとんど居ません。

えっちゃんは、そんな花火の数少ない友人です。

 

えっちゃんについて、詳しくはこちらをご参照ください。

絵鳩早苗は百合属性!アニメ「クズの本懐」登場人物の絵鳩早苗考察

 

そして、先ほど親友の仲といいましたが、それは花火だけが思っていることです。

もちろんえっちゃんも「親友」と思っている部分もあるとは思いますが、えっちゃんは花火にそれ以上の感情を抱いています。

 

花火とえっちゃんの関係は、ふとすれば危うい関係です。

男女に友情は成立するのか?は議論を呼ぶところですが、そんな議論を呼ぶ「異性の友達」のようなものですね。

 

花火はクズの本懐を遂げられるのか?

引用:TVアニメ「クズの本懐」オフィシャルサイト

 

はじめは純粋に鳴海を追い続けていた花火。

しかし、一向に進まない鳴海との関係に疲れた花火は、お互いに癒しを求めて、麦と契約を交わします。

これはアニメ第1話の最後の方にありましたね。

 

しかし花火の純粋な想いをもてあそぶ人物が現れます。

そしてその人物に対し、花火の純粋な想いは、形を変えて応酬します。

その中で花火は気付いてしまいます。

 

自分もまた、他人の純粋な想いをもてあそんでいると。

 

物語が進むにつれ窮地に追いやられる、いや、窮地を自ら招いてしまう花火。

花火は、クズの本懐を遂げることができるのでしょうか?

 

今後の展開にも目が離せません!

 

スポンサーリンク